ポイントが2倍貯まる、その方法は…◇◆楽天カード◆◇

買物上手な通販とは

買物上手な通販とは、楽天やamazon、電脳卸、楽天トラベルなど。

人気の通販サイトで取り扱う商品や宿泊施設の予約が簡単にできる通販サポートサイトです。

旬の商品の一覧から選ぶことや、このページの下部にある検索窓にキーワードを入力して検索もできます。

今後のあなたの通販にお役立てくだされば幸いです。

秋のおすすめ商品

【スポーツの秋】

スポーツウエア / ランニングシューズ / 体組成計 / 自転車 / スマートウォッチ /

【七五三】

スーツ / 子供用スーツ / 晴れ着 /

【ハロウィン】

コスプレ / パーティーグッズ / 飾り付け /

【いもくりスイーツ】

栗しぐれ / 栗福柿 / かぼちゃプリン /

【行楽】

温泉旅行 / 観光列車 / 味覚狩り /


涼しくなってスポーツや旬の果物を使ったスイーツ、観光にピッタリの秋。

カテゴリごとの人気商品を厳選して掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

冬のおすすめ商品はコチラです。

冬のおすすめ商品はコチラです。

【スノーボード】

スノーボード 板 / スノーボード ウェア / ビンディング /

【秋冬のファッション】

MA-1 / コート / ダウンジャケット / ブーツ /

【あったかインテリア】

カーボンヒーター / 加湿器 / こたつ /

【あったかインナー】

冷え取り靴下 / 裏起毛 / ヒートテック /

【冬のグルメ】

オードブル / 松葉ガニ / 年越しそば / みかん / マグロ / お節 /

【お鍋】

カニ鍋 / モツ鍋 / すき焼き /

【クリスマス】

ケーキ / コフレ / プレゼント / オーナメント / イルミネーション / クリスマスツリー /

【大掃除】

スチームクリーナー / 高圧洗浄機 / 洗剤 / マルチクリーナー / 雑巾 /

【福袋】

レディース / メンズ / コスメ / ジェラートピケ / ミキハウス /

【冬の旅行】

スノーリゾート / 京都 / 金沢 /


品切れ続出な冬の人気商品が目白押しです。

年末年始の行事はいつもよりちょっと豪華に♪

防寒対策のポイント

寒さが厳しいこの季節、いかがお過ごしでしょうか?

防寒対策として有効な3つのポイントをご紹介しますので参考にしてみてください♪



■梱包用のプチプチを窓ガラスの内側に張る



シート状のプチプチを断熱材として使うと、部屋の中の温度を保つ効果があります。
大きめのビニールテープを用意して、窓のサイズより少し大きめ(床に垂れるくらい)にプチプチをカット。
それを複数枚用意して窓から暖かい部屋の空気が逃げないように貼っていきます。
燃えやすいストーブなどの暖房器具は離れたところに置きます。
断熱シート

ビニールのカーテンを使うとさらに効果的です♪

断熱カーテン


■窓サッシからの隙間風を防止

つい立てのような隙間風を防ぐパネルがあります。

それを窓枠のところに設置するとさらに室温が保たれます。

断熱パネル


■加湿して体感温度を高くする。

加湿器を設置して、湿度が高くなると体感温度も高くなると言われています。

ベストな加湿器の設置場所は、エアコンの直下で風の直接当たらない場所です。
エアコンの風に乗って、加湿効果が部屋全体に行きわたり暖かく感じます。

暖房を節電するポイント

エアコンとストーブの組み合わせで暖房と加湿器の電気代を節約

冬は受験シーズンで風邪やインフルエンザ対策としてお部屋の温度や湿度管理は大切ですよね。

寒さを克服して素早く快適でエコ。

そんなエアコンやストーブの使い方をご紹介します。

エアコンは室温を設定温度まで高めるまでの間に消費電力が大きくなります。

ストーブを併用することで早く室内が暖まり、消費電力が少なくなります。

室内が暖まったらストーブを止めてしまえば、ほとんど空気が汚れません。

 

エアコンを止めてストーブの上にやかんを置くと加湿器の節電になります。

ただし、加湿のし過ぎは結露やカビの発生の元になります。

やかんの内部は定期的に水垢を落として清潔にしておくのも大事です。

 

ストーブを使う場合は、窓を少しだけ開けながら使用すると換気が同時にできます。

外の乾燥した空気で部屋の湿度が調整しやすくなるのでオススメです。

 

新鮮な空気が入りますので、エアコンを使用する場合にも頭が冴えて集中できます。

その場合は、加湿器をしっかりと活用してマスクをすると体調管理に役立ちます。

 

家電とエアコンのNGな併用パターン

【エアコン+電気ヒーター】

電気のヒーターは部屋全体を暖めることが出来ず、消費電力も多いので非効率です。

お部屋が暖まっていない状況ですぐに温まりたい場合だけ使うのが良さそうです。

 

家電とエアコンのGOODな併用パターン

【エアコン+扇風機もしくはサーキュレーター】

扇風機やサーキュレーターを併用して、お部屋の天井に集まる温かい空気を循環させるのも良いです。

空気が循環することで室内全体を早く暖めることができます。

直接カラダに風が当たると寒くて乾燥しますので、天井に向かって風を送るのがポイントです。

 

ふるさと納税 さとふる

 

 

ページトップへ